パソコン・インターネット

2009年7月19日 (日)

Intelの新プロセッサー発表時に「お詫び」になるのは・・・

今年の後半に、Intelが新CPUを出す予定になっています。

コードネームLynnfield、秋葉原ではこんなイベントもやってPC好きへのアピールも力が入り始めたようです。

でもって、そのイベントで

「Lynnfieldの発表の時、“たぶん”お詫びすることがひとつあります」と謎の予告。「普通に使っている人はほぼ影響がない問題だが、今は詳細を話せない」

という話が出たようで。

あんまりチェックしてないけどネットではCPUやチップセットがらみで問題がある、という想像が多いようです。

しかし、そんなことあるんかな?

発売後ならともかく、今の時点で機能に問題があるとわかっているなら、そのエラッタ修正してから出荷する選択肢もあるんじゃないかと。

メモリやPCI-Expressの16x1<->8x2あたりの問題だった場合、「普通に使っている人にはほぼ問題ない」とは断言できないでしょうし。

私の予想は、「PCI-Expressの8x2は、ソレを期待している人のニーズに応えられません」だと思う。

PCI-Expressが8x2で組めるという場合、通常は「ビデオカードを2枚接続できる」こととイコールです。

で、ビデオカードを2枚接続するのは、2つのディスプレイを使って画面を広くするとか、同じ映像を客側と自分側に表示して商用に使うとか、いくつかの用途があるわけですが、おそらくもっとも広く利用されているのは「ビデオカードを2枚使ってゲームの性能を上げる」用途です。

で、そういう仕組みは現在

NVIDIAのSLI と AMD(旧ATI)のCrossFire というのがメジャーな技術です。

で、もちろんAMDはIntelのライバル。

NVIDIAはチップセットのバスの利用権利についてIntelともめている

となると、果たして「IntelのCPUに直付けのPCI-Express用」において、SLIやCrossFireがサポートされるのか?というのはすごく微妙な問題でしょう。

もちろん、市場全体での自社の利益を考えれば、NVIDIAもAMDもいずれはサポートするかもしれませんが、少なくとも間近に迫った「第3四半期」のLynnfield発表時には「政治的調整を含めて間に合わない」可能性が高いです。

SLIにせよCrossFireにせよ、マザーボードで動作保証のロゴは貼れないし、特にNVIDIAはロゴ自体に認定プログラムを持っているので、前述の訴訟とも絡めていろんなかけひきが走っているんじゃないでしょうか。

で、SLIやCrossFireは一部のPCマニアやグラフィックのプロにしか関係ない話なので、「普通に使う人には全然関係ない」わけですけど。

CPUのアーキテクチャがメモリコントローラやGPUなど周辺を取り込む方向になって、従来とは各種の技術境界が変わり始めているため、一時期クロスライセンスで沈静化していたさまざまな知的財産権が、再びビジネスと密接に絡んだ政治的取引の要素になり始めていると思います。

・・・いや、あくまで推測。あたってるかどうかは数ヵ月後(笑)

2009年2月27日 (金)

医薬品ネット販売の「改善」に、楽天自身はやっぱり何もしないのか?

2月11日の記事 で医薬品ネット販売規制に対する楽天・三木谷社長の動きをケナしまくったんですが、実際に2月24日に行われた検討会議をめぐる報道や、前後して行われた「規制反対」の団体等の意見表明を見ると、記事を書いた当時より、かなりまともですね。

ケナした当時の発言は「利便性をそぐから規制反対」というトーンだけでしたが、「ネットか対面かを問わず適正な医薬品販売の仕組みづくりを」というような、比較的納得しやすいトーンになっています。

最初からそうであれば、あんまり批判する気はなかったんですがね。

ただし、それでも納得できるのは、こういった業者や団体の動き(ケンコーコムのインタビュー@InternetWatch)まで。

「日本オンラインドラッグ協会」という組織として、自主的に安全なネット販売のために努力している、と。良いことだと思います。支持します!

じゃあ何が納得できないかというと、タイトルどおり、楽天(というか三木谷社長?)の動きである。

「医薬品の安全なネット販売のために、楽天がどのように貢献する意思があるか」について、あいかわらず発言をせずに、上記のような業界団体を動員して反対意見を盛り上げているだけではないか?

例えば、上記でリンクしたインタビュー、中盤よりやや後ろ「医薬品の流通全体としての取り組みも必要」という段落で、以下のような言及がある。

「ただし、ネットでいくら個数を制限しても、店頭をいくつか回れば多くの個数が購入できてしまうなら、あまり制限の意味がない。ネットのみの取り組みではなく、店頭も含め全体として、いかに安全・安心に医薬品を販売するかという取り組みが必要」

単独の薬局店舗が、自前で完全に独立した「オンラインショップ」を構築するというのはいまどき珍しく、楽天やyahooなどの「ネットショップモール」を利用することが多いはず。

逆に言えば、そういった「ネットショップのプラットフォームを提供する企業」が積極的に「医薬品ネット販売の安全確保」のために投資を行うことで、高いレベルで安全を確保できるでしょう。

かつては海賊版や著作権違反品が流通していたものをパトロールで排除し、掲示板の発言をパトロールしたりもする。同じように、モール内の店舗を渡り歩いて危険な量の医薬品を購入することをチェック・ブロックすることは、人海戦術への依存は少なく、システム開発だけでもやれるはず。さらに、クレジットカード等の照合(もちろん、それを事前に利用者が承認しないといけませんが、承認しないと医薬品は買えないというルールでも良いはず)などをして、複数のショッピングモール間での「渡り」もブロックすることだって可能でしょう。

楽天が、本当に「医薬品をネットで安全かつ便利に購入できる社会」を実現しようという意思があるのなら、なぜそこに踏み込んで意見表明をできないのだろうか?

私は「日本オンラインドラッグ協会」の取り組みも、その意見表明も支持できるが、楽天のキャンペーンは「卑怯」だと、今も思っています。

2009年2月22日 (日)

ソフトバンクモバイルのMVNO参入に関するグレーな疑惑

ソフトバンクモバイルが、イー・モバイルの設備を利用して定額データ通信などにMVNO(仮想移動体通信事業者)として参入する という話。

「それは移動体通信の実体事業者(MNO)の責任放棄だ」とかいって、MVNOの協議会が反対表明したりしている。

利用者が便利ならいいじゃん、というソフトバンクと、競争阻害を訴える協議会という構図だけど、正直いって1社から2社、2社から3社・・・と事業者の母数が増えるにしたがって、「新規参入による競争刺激効果」っていうのは逓減する(10社が11社になったってインパクトがない)から、その点は「別にかまわん」というソフトバンク側に賛成です。

この記事で取り上げたいのはソコではありません。

「ソフトバンクモバイルのMVNOは、かつて買収したvodafoneからの継承事業に含まれるか否か」という点が、ざっとネットを検索したところはっきりしていないし、ブログなどでもあまり言及する人はいません。が、実はこの「グレー」ってすごくヤバイ問題を含んでいるわけです。

なんのことやら、とか、買収当時の記事の記憶がない人のためにポイントを復習すると、

1.ソフトバンクグループは、vodafoneグループの日本法人の全事業を、総額1兆7500億で買収した。

2.その買収資金のうち、1兆2000億円ほどは、「買収先の資産と事業収益を担保」として金融期間から借り入れた(レバレッジド・バイ・アウト、略してLBOという手法)

そして、問題は。

3.LBOの融資条件は、ノンリコースローン(非遡及型融資)である

詳細は この記事 がいいかな?報道発表時のスライドが見えます。

つまり、1.2兆円の融資は「買収したvodafoneの事業の資産とキャッシュフロー収益からしか回収してはいけない」というルールで、その分若干金利が高いということ。

もうおわかりでしょう?

もしも、「vodafoneから継承した事業は、MNO(設備を自前で持つ移動体通信事業)であって、MVNOはその事業に含まれない」とすると、MVNOでどんなに儲かっても、それは買収時の借金返済に充てる義務はない(というか、その収益に融資元は手を出せない)のです。

今までソフトバンクがデータ定額をやらなかったのは、基地局のキャパシティを音声用に十分確保するため、だという。逆にいうと音声というのは設備に比べて収支効率が良くないとも言えますね。

例えば、イー・モバイルの設備を使ってデータ通信の定額プランを提供するだけでなく、「とにかくデータトラフィックはできるだけイー・モバイルのインフラを使う」ようになったとしよう。その結果「自前設備の旧vodafone事業は赤字でーす、借金の返済原資が足りませーん。でも、MVNOで稼いでいるからソフトバンクモバイル全体は黒字でーす」ということは十分にあり得ることになります。

「それはいくらなんでも考えすぎだろ?」と思うかもしれません。実際、ドコモやauが対象であれば、その「体質」からして私も疑惑を感じません。

ところがソフトバンクというのは、極めてアメリカ的というか、さまざまな金融手法を組み合わせて「数字としての収益」をコントロールすることが異常なくらい得意な会社。かつてはyahooBBのADSLモデムをめぐってもアクロバットな処理をやっているし、そもそもvodafone買収自体がトリッキーな仕組みだ。

MVNO参入発表は、事前に上記の融資元と調整・了解を得てのことなのか?あるいはそもそもソフトバンクモバイルとしてはMVNOの収益も、買収資金の返済原資になるという認識であって、何も問題はないのか?

ならばこの記事は超ハズしまくりですヽ(´▽`)/

でも「ハッキリと公表していない」のは良くないのではないかと。何しろ1兆円とかそういう金額の返済リスクに関する問題なのですから。

ソフトバンクモバイルでも金融機関側でもいいから、その点をどこかで明確に公表するべきではないですか?(もしくは、誰か取材でツッコミ入れてくれないだろうか・・・)

ちなみに、買収のファイナンスに絡んでいる金融会社などは、ソフトバンクの2006年秋頃のニュースリリースに詳細が掲載されています。

2009年2月14日 (土)

楽天にはブログをチェックする専担がいるのかな?

2月11日に前の記事(医薬品ネット販売についての楽天のネタ)を書いた。

2月13日に楽天の決算発表があった。

2月13日の夜、 rakuten.co.jp から、 googleのblogsearch(普通のサーチでないところが、また)で「医薬品 三木谷」というキーワードの検索で上記の記事がアクセスされた。

楽天の社員が、偶然検索してみた、にしてはあまりにもなタイミングなので、決算発表への反応を含めて、自社がネット世界でどう評価されているかチェックする担当、とかがいるんでしょうね。

2009年2月 7日 (土)

出会い系サイト規制法は・・・

少し前に【「未成年のサイト経由出会い」対策としての携帯規制もろもろ】という記事を書いたけど、その続きネタを書こうと思って警察庁の解説ページを見ていて、ふと。

・・・この法律では、「出会い系サイト」というのは「インターネット異性紹介事業」という用語で定義されていて、それを規制する法律だと。

一瞬、「ふーん」でスルーしそうになりますが、・・・「異性」・・・

つまり、 「同性愛者のための出会いサイト」は一切規制の対象外です

\(;゚∇゚)/

それなりにちゃんとした規制だと思っていたけど、何か・・・アレ?と思ってさらにサイトを読んでみると、「異性間で相互に連絡できる仕組み(メッセンジャーとかか?)を提供するサイト」であることが規制対象の要件のひとつになっていて、「自由に書き込めて、誰でも読める掲示板方式、自分のメルアド書きたければどーぞ」ってな仕組みだけのサイトは規制の対象外らしい。

Σ( ̄ロ ̄lll)

なんか抜け道だらけのようですが、果たしてそれは抜け道なのかどうかというと、どうやら「詳細は所轄の警察署の指導に従え」みたいなことになっているようです。

その結果、「利用者が児童でないことを確認する義務」に対して、あるサイトでは「氏名や生年月日を証明する書類を必ず提出せよ、その資料は警察へ提出する」という、「そこまでして、そういうサイト使う人がいるんだろうか?」って話があるようですし、一方では、前述の警察庁のサイトで「生年月日、書類名、書類の発行者名」がわかる資料で18才未満でないことを確認せよ、となっていることをタテにとって、「確認資料は、氏名や住所部分を読めないように加工(墨塗り?)していてもOKです」というのも・・・イヤ、それは本人確認になってないだろ ヾ(.;.;゚Д゚)ノ」 

まぁ、しょせん「ヤバげな商売」なんだし、業者が全滅しても知ったこっちゃない(おっと)。しかし業者の側にしたら、自分のエリアの「所轄警察署」よりも甘いルールが適用されているエリアの業者ばかりが生き残っちゃうのは納得できないでしょうね。本社の登記移したくなるだろうな。

さらに言えば、なんでこんなに微妙に抜け道のようなそうでないようなものが多い法律になっちゃったのか、その検討過程を想像すると・・・なんかお笑いな事件がいっぱいあったんでしょうねぇ

( ´艸`)プププ

2009年2月 1日 (日)

「未成年のサイト経由出会い」対策としての携帯規制もろもろ

【記事1】児童買春 一般サイトきっかけの被害倍増 出会い系抜く  byAsahi.com

なんていう中で、この週末にかけていくつかの動きがありましたね。

(以下の記事は基本的に InternetWatch)

まず、【記事2】NTTドコモ、18歳未満のユーザーにフィルタリング自動適用を開始

・・・が合わせて読むと一瞬混乱するのが【記事3】NTTドコモが保護者に訴える、フィルタリングの必要性

【記事3】の中盤で、「携帯電話を契約するときは保護者名で」と呼びかけていて、一方で【記事2】で自動フィルタの対象になるのは契約者が18才未満の場合だから、保護者名で契約していると自動適用されません(^-^;

まぁ、保護者を含む全契約者にフィルタリング適用の推奨はしている、とのことですが、微妙にチグハグですねー。

ちなみに、適用されたフィルタは18才以上になっても自動的に解除されません!

18才になったら忘れずに手続きしましょう(笑)

で、【記事2】と歩調を合わせるように・・・っていうか絶対「間に合わせた」んだろうな。

【記事4】 「mixi」も“健全サイト”認定、携帯フィルタリングから除外へ

・・・しかし、確かドコモは「ホワイトリスト」方式だったような。ブラックリストから除外されてもすぐにmixiがフィルタの対象外になるのか微妙・・・だけど、目いっぱいの折衝力を発動して交渉する(した?)んだろうね。

これが遅れるとすでに認定されているGREEとかモバゲーとの競争上極めて不利になる、というのはもちらん、もっとヤバイ問題があったわけですから。

「ヤバイ問題って何?」という人もいるかもしれませんね。

mixiは、2008年12月10日まで「18才未満利用禁止」だったし、今でも15才未満は利用禁止なんです。 【建前としては!】

でも、利用者率が高いと言われる首都圏では、高校生なら3割から5割強、中学生でも2割以上はmixi使ってるらしい、ってのはある意味、常識なんです。

そして、そういう利用者はmixiのトラフィック上、無視できない規模になっている。でもmixiとしては18才未満の利用者はいないことになっている。

そこで18才未満フィルタでmixiが外されると何が起きるか?

「トラフィックの激減」ですね。mixiはネットベンチャーのご多聞にもれず、事業成長のPRや広告獲得のために、決算発表などのたびにトラフィック量をアピールしています。

それが「18才未満フィルター」によって「激減」したら、社会的に説明つかんのですよ。

(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

一方、すでにある意味「自爆」というか2008年12月10日から15才以上まで解禁しました・・・さぁトラフィックは劇的に増えるんでしょうか ( ̄ー ̄)ニヤリ

「従来からの伸びを維持しました」じゃまずいよねー>mixi。

・・・さて、そしてさらに「出会い系」の本体についても

【記事5】出会い系サイト423事業者が届け出、改正規制法施行1カ月で

ということで、記事下からリンクされている警察庁の解説を見ると2月1日から「本人確認の厳格化」があるわけです。

これについては、その手のサイトの動きを見ると「非常にわけわからん」状況になっています。それはまたそのうちに書きますが、

「これから出会い系サイトを開くなら東京じゃなくて福岡に本社おいとけ!」

です・・・?

2009年1月28日 (水)

さぁどうするTV業界!ネット転送も合法だってさ!

以前に、「ロケフリ使った まねきTV は合法判決」という記事を書いたけど。

追い討ちをかますように

朝日新聞 日本のテレビ番組を録画してインターネット経由で海外で見ても合法

という判決が知財高裁にて。

一審はTV局が勝訴したんだけど、「業者は番組の複製を実質的に管理・支配しておらず、利用者が私的に視聴するための環境や条件を提供しているにすぎない」という理由で合法なんだそうだ。

ますます「地域別TV局の電波利権ベースビジネス」は崩壊へ加速しますね。

ふと思ったんですけど、全国各地にアンテナ立てて、受信した電波を高精度で「そのまま」IPパケットへ叩き込んで、ネット経由でどこかに集めてからチューナへほうり込むって、技術的には可能な気がします。特に「地デジ」はもともと電波がデジタルなんだし!

もし、そういうことをやって、そのチューナー入力から個人がそれぞれ録画や転送を行えるとなると、どういう法律に違反していることになるんでしょうね・・・

2009年1月 8日 (木)

VAIO typePは欲しいかもっ!

うん、久々にわくわくするPCだ、これは。

割とこの手の「ちんまり、ぎっしり」系のものは好き。

2代目くらいのZAURUS持ってたことあるし、

かつてVAIOのC1も買ったし、PocketPCとかも。

今、WILLCOM03持ってます。

ただ、現在進行形のWILLCOM以外、長続きしなかった。

やっぱりバッテリーとか、文字入力系が弱いとねー・・・・

しかし、TypePはかなりいい感じ!。

10万なら欲しいっ!

私は男だけど、この手のものは結構派手色が好きだから赤かな・・・

2009年1月 5日 (月)

ファイル交換ソフトでウイルス感染・・・は珍しくないが

バカすぎ! (*゚▽゚)ノ

IPA職員がファイル交換ソフトでウイルスに感染、写真など流出

以前に「紺屋の白袴とか医者の不養生とか」って投稿したけど、それに似たような話だが。

それと比べてもネットでは笑いのタネとしては格が高いから、

「掲示板などで話題になったことで・・・」っていうのも納得。

2008年12月15日 (月)

ロケフリ「まねきTV」は知財高裁も合法判決

ソニーの「ロケーションフリーTV」をホスティングするビジネスは合法である、と知財高裁が判決出したとな。

日経新聞該当記事

一審判決でも「ちょっと待てー!」だったテレビ業界にとっては「痛恨の一撃」ですな。

覆すにはもう最高裁しかありませんが・・・どうなんだろう?厳しいと思うなー。

でもテレビ業界としては断固上告する「しかない」でしょうね。

ダビング10は著作権者対利用者メリット(っていうか、そういう商品を作る企業?)で議論がありましたが、この判決は「放送免許」に関わる利権の根幹をゆるがすはず。

ロケフリをどっかでホスティングしてもらえば、その地域のTV見放題。

ラジオだってそうだね。

「IP再送信の権利が云々」もへったくれもない。

地方局へ番組流して金を稼いでいたキー局、キー局からコンテンツをもらって流すだけで金を稼いでいた地方局、そんなビジネスモデルが崩壊しますね。

「1台の機械は多数に送信しないから合法」っていう「判例」も、余波はでっかいぞ。

例えば「共用のチューナー」から、「個人に割り当てたストレージ」へ録画できて(ある程度容量があれば、常時とりっぱなしとかできますね)、そのアカウントを持つ人がいつでも見られる、というサービスとか、録画をそのままライブラリにして保存するサービスはそれを複数人で共有しない限り、この論理だと合法なのでは(^^;)

・・・個人が契約したサービスのIDがネットへ流出しちゃうことはよくあるよねー?

・・・万一流出した場合に、意図的だったりしても証明可能かというと(・・おっと)

判決本文を読んでないですけど、記事にあるように「著作権侵害を認めなかった一審判決を支持」=このサービスは放送にかかる権利だけでなく著作権もシロと知財高裁が認定したとなると・・・・「個人単位のホスティングは私的利用の範囲」ってか?

いや、なんか考えるのも恐ろしいぐらい何でもアリな気がするぞ・・・

番組の動画データをホスティング事業者が勝手にCMカットしちゃいかんだろうけど、ホスティングした「機器」がそういう機能持ってたらホスティング事業者は無罪だよな。

再生しようとすると「その前後に」「元のコンテンツとは別に」CMが流れても、元のコンテンツを改変はしていないよな?

・・・いや・・・例えばの話。

より以前の記事一覧